Big Bang

パソコンの電源を入れた時、メモリー空間に無限の宇宙が拡がる

アップルの陰謀 iPS細胞 ノーベル医学・生理学賞の真実

| 0件のコメント

この記事はPHANTOM NEWS「iPS細胞 ノーベル医学・生理学賞とアップルの陰謀」からの
転載です

iPS細胞によるノーベル賞受賞はiPhone5の販売促進を企てるアップルの謀略である。

京都大学の山中伸弥教授がノーベル医学・生理学賞を受賞するのは、日本人として非常に喜ばしいニュースである。しかし今回の受賞の理由となったiPS細胞(人工多能性幹細胞)というキーワードには世界制覇を目論むアップルコンピュータ社の陰謀が隠されている。

「iPS」という文字をよく注意して見てほしい。

最初のiはなぜ小文字でなくてはいけないのか?
通常、頭文字を並べるときは大文字で統一するのが慣例である。
その慣例をあえて無視して小文字にしたのはなぜか。

読者の中には、ここで似たような事例にお気づきの方もいるかもしれない。
そう iPhoneである。

iPhoneのiとiPSのi、これはただの偶然なのだろうか?

だが、偶然であるならば、なぜ、どちらも2文字目はPなのか。
しかも共に大文字ではないか!

この疑問を解消すべく我々はさらに解析を続けた。
そして恐ろしい事実にたどり着いたのである。

大文字のSと数字の5

この2つの文字をよく見比べていただきたい。
形がそっくりではないだろうか。

そう、「iPS」とは「iPhone5」のサブリミナルだったのだ。

それだけではない、iPhoneに搭載されているOS「iOS」と「iPS」は一文字しか違わないのである!
これはマッキントッシュの入念なる陰謀以外に考えられないではないか。

今回のノーベル医学・生理学賞の受賞は世界への、とりわけ日本へのアップルの野望が
秘められていることにお気づきいただきたい。

コメントを残す

Top