Big Bang

パソコンの電源を入れた時、メモリー空間に無限の宇宙が拡がる

忍者おまとめボタンのカスタマイズ

| 11件のコメント

2014年1月22日にA8.netのファンブログはSeesaa Blogのシステムをベースにして生まれ変わりました。よってファンブログ関連の記事は今では当てはまらない可能性があります。新しいファンブログのカスタマイズは別ブログ「ファンブログ テック」で詳しく書いていますので、そちらをご覧ください。

忍者おまとめボタンをファンブログで」の続きです。

「忍者おまとめボタン」はSNSボタンを表示する中では、なかなか速いと思います。

ただ、トップページやアーカイブページに10個も記事があるとさすがに少しもたつく気がします。

原因はdocument.writeです。

SNSボタンの表示箇所があるたびにdocument.writeの描画が行なわれ、そのたびにHTMLのレンダリングが止まります。1記事ページにだけ使うのならば全く気にならない程度なのですが。

画面の描画がすべて終わるのを待ってからSNSボタンの書き込みを行なったらいいのではないか?ということで、addEventListenerとattachEventを使ってソースを書きかえてみました。

ただし、表示箇所が10箇所に分かれるので、DOMでページ内を走査することになります。結果的に途中で待つか、後で待つかの違いだけかもしれません。

今回やりたかったのは、もうひとつの理由があってトップページですべての記事にSNSボタンをつけるとウザい。というのがありました。長い記事ならいいのですが、短い記事の度にボタンが付くのはいかがなものか?

短い中には、「続きを読む」の前までで切れている記事があります。そこで「続きを読む」がある場合はSNSボタンを表示しないが、全文が表示されている場合には表示するというルールを作りました。

そして、今まで「ポチッとボタン自動挿入モジュール」で書き込んでいたランキング投票ボタンも一緒に表示することにしました。

さらに、ボタンの中にはブックマークされた数を表示するものがありますが、複雑になるほど遅くなるという都合上、すべてのボタンは数字を表示しないものにしました。いずれにしてもゼロの連続ではみっともないですし。

entryInfo の修正

前回書き込んだentryInfoの部分を修正します。

書き込んでいた<script>から</script>までを完全に削除します。

そして、2つのspanタグのクラス名を下のように変更します。同じクラス名だとどちらにURLが書き込まれていて、どちらにタイトルが書き込まれているかの判別が面倒だからです。

この2つのspanタグにあったstyle=”display:none;”は不要です。表示されることなく上書きされて消滅します。

あと、これは変える必要はないのですがninja_onebuttonの名前もsnsbtnに変えました。

結果、修正後は下の通りです。

<div class="entryInfo">

<div class="snsbtn">
<span class="url_hidden">{$BlogEntryPermalinkUrl$}</span>
<span class="title_hidden">{$BlogEntryTitle$}|{$BlogName$}</span>
</div>

投稿者:<a href="{$BlogEntryWriterUrl$}" target="_blank">{$BlogEntryWriterName$}</a>|{$BlogEntryDate format="%H:%M"$}<BlogEntryIfCategory>|<a href="{$BlogEntryCategoryLink$}">{$BlogEntryCategory$}</a></BlogEntryIfCategory><BlogEntryIfAllowComments>|<a href="{$BlogEntryPermalinkUrl$}#commentTitle">コメント({$BlogEntryCommentCount$})</a></BlogEntryIfAllowComments><BlogEntryIfAllowPings>|<a href="{$BlogEntryPermalinkUrl$}#trackbackTitle">トラックバック({$BlogEntryTrackbackCount$})</a></BlogEntryIfAllowPings><BlogEntryIfAllowEntryRatings><span class="rating">|評価平均{$BlogEntryRatingAverageStar$}({$BlogEntryRatingAverage$})&nbsp;&nbsp;|評価数({$BlogEntryRatingCount$})</span></BlogEntryIfAllowEntryRatings>
</div><!-- entryInfo -->

新しいスクリプト

「忍者おまとめボタン」のjsファイルから、ONETAGButton_Renderという関数部分だけ流用して改変しました。それをsnsBtnMakerというオブジェクトにまとめてあります。

それ以外の部分は独自に書いたコードですが、DOM走査と「続きを読む」の判別で若干長くなっています。

結果的に体感スピードは元のコードと変わらないと思います。ただ、前述の通り、「続きを読む」で出す出さないを変える、ランキングボタンも出す、と言うことで自作コードを採用しています。

いつもはご自由にお使いくださいとしていますが、今回はコードの流用とボタンの画像の著作権問題があるので、私の使っている改変コードを掲載するにとどめます。

このコードの表示結果はこの記事の最後でも見られます。ランキングボタンに関するコードは2ヵ所の青文字部分です。Google リーダーを使う場合は、赤字部分を自分のRSSのURLに変更します。

<script type="text/javascript">
//青字部分がランキング投票ボタン関連
var sns=function(){
 var buttons=['twitter','facebook','plusone','mixi','hatena','google_reader','blogmura','blogranking'];

 var snsBtnMaker={
  'twitter':function(encodedurl,encodedtitle,url,title){
   return '<a href="javascript:void(0);" onclick="window.open(\'http://twitter.com/share?original_referer='
   +encodeURIComponent(location.href)+'&amp;url='+encodedurl+'&amp;text='+encodedtitle
   +'&amp;source=tweetbutton\',\'_blank\',\'width=550,height=450\',0);" title="twitterリンク共有する">'
   +'<img src="http://omt.shinobi.jp/images/twitter_tweet_ninja_m.png" '
   +'width="20" height="20" alt="twitterリンク共有する" style="border:none;"></a>';
  },
  'facebook':function(encodedurl,encodedtitle,url,title){
   return '<a href="http://www.facebook.com/sharer/sharer.php?u='+encodedurl+'&t='
   +encodedtitle+'" onclick="window.open(this.href, \'facebook\');return false;" target="_blank" title="facebook">'
   +'<img src="http://omt.shinobi.jp/images/facebook_share_ninja_m.png" alt="facebook share"></a>';
  },
  'plusone':function(encodedurl,encodedtitle,url,title){
   return '<a href="https://plusone.google.com/_/+1/confirm?hl=euc-jp&url='+encodedurl
   +'" onclick="window.open(this.href, \'blank\');return false;" target="_blank" title="Google +1">'
   +'<img src="http://omt.shinobi.jp/images/google_plusone_ninja_m.png" alt="Google plusone"></a>';
  },
  'mixi':function(encodedurl,encodedtitle,url,title){
   return '<a href="javascript:void(0)" class="mixi-check-button" data-key="8fcbcc4fddfc34a134ddc0bcac85e85042afc058" '
   +'onclick=\'window.open("http://mixi.jp/share.pl?u='+encodedurl+'&k=8fcbcc4fddfc34a134ddc0bcac85e85042afc058", '
   +'"share", "width=632,height=456,location=yes,resizable=yes,toolbar=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no");\' title="ミクシィ">'
   +'<img src="http://omt.shinobi.jp/images/mixi_check_ninja_m.png" '
   +'style="border-top-width: 0px; border-right-width: 0px; border-bottom-width: 0px; '
   +'border-left-width: 0px; border-style: initial; border-color: initial; "></a>';
  },
  'hatena':function(encodedurl,encodedtitle,url,title){
   return '<a href="http://b.hatena.ne.jp/entry/'+url+'" class="hatena-bookmark-button" '
   +'data-hatena-bookmark-title="'+title+'" data-hatena-bookmark-layout="simple" '
   +'title="このエントリーをはてなブックマークに追加" target="_blank">'
   +'<img src="http://omt.shinobi.jp/images/hatena_ninja_m.png" alt="" width="20" height="20" style="border: none;" /></a>';
  },
  'google_reader':function(encodedurl,encodedtitle,url,title){
//赤字を自分のrssのURLに変更
   return '<a href="http://fusion.google.com/add?feedurl='+encodeURIComponent('http://fanblogs.jp/ayzfqir5/index1_0.rdf')
   +'" target="_blank" title="Google リーダー">'
   +'<img width="20" height="20" src="http://omt.shinobi.jp/images/google_reader_ninja_icon_m.png" alt="Google reader"></a>';
  },
  'blogmura':function(encodedurl,encodedtitle,url,title){
   return '<a href="http://it.blogmura.com/html/" target="_blank">'
   +'<img src="http://it.blogmura.com/html/img/html88_31.gif" width="88" height="31" border="0" '
   +'alt="にほんブログ村 IT技術ブログ HTML/CSSへ" /></a>';
  },
  'blogranking':function(encodedurl,encodedtitle,url,title){
   return '<a href="http://blog.with2.net/link.php?1210233:1072" target="_blank" title="ウェブデザイン ブログランキングへ">'
   +'<img src="http://image.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_1072_1.gif" width="110" height="31" border="0" /></a>';
  }
 };

 var pagetitle=null;
 var entries=document.getElementById('entries');

 for(var i=0;i<entries.childNodes.length;i++){
  var entry=entries.childNodes[i];
  if(entry.className=='entry'){
   for(var n=0;n<entry.childNodes.length;n++){
    var child=entry.childNodes[n];
    if(child.className){
     if(child.className=='entryContinue'){
      break;
     }
     if(child.className=='entryInfo'){
      for(var j=0;j<child.childNodes.length;j++){
       var elem=child.childNodes[j];
       if(elem.className=='snsbtn'){
        var url=null;
        var title=null;
        var encodedurl=null;
        var encodedtitle=null;
        var span=elem.getElementsByTagName('SPAN');
        for(var num=0;num<span.length;num++){
         if(span[num].className=='url_hidden'){
          url=span[num].innerHTML;
         }else if(span[num].className=='title_hidden'){
          title=span[num].innerHTML;
         }
        }
        if(!url){
         url=location.href;
        }
        encodedurl=encodeURIComponent(url);
        if(title){
         encodedtitle=encodeURIComponent(title);
        }else{
         if(!pagetitle){
          var t=document.getElementsByTagName('TITLE');
          if(!t.length){return;}
          title=pagetitle=t[0].innerHTML;
         }
         encodedtitle=encodeURIComponent(title);
        }
        elem.innerHTML='';
        for(var len=0;len<buttons.length;len++){
         elem.innerHTML+=snsBtnMaker[buttons[len]](encodedurl,encodedtitle,url,title);
        }
        elem.style.display='block';
        break;
       }
      }
      break;
     }
    }
   }
  }
 }
}

if(window.addEventListener){ 
 window.addEventListener('load',sns,false);
}else if(window.attachEvent){ 
 window.attachEvent('onload',sns);
}
</script>

表示順は配列buttonsの順番どおりです。buttonsの順序を変えれば、表示順は変わります。

ボタンを追加する場合は、buttonsに名前を追加して、それに対応した関数を、オブジェクトsnsBtnMakerに作ります。

スタイルシート

今回のソースに対応したスタイルシートは下記の通りです。

div.entryInfo div.snsbtn{
	margin-bottom:8px;
	display:none; //スクリプト中でdisplay:block;に変更される
}
div.entryInfo div.snsbtn img{
	vertical-align:bottom;
	margin:0 2px;
}

11件のコメント

  1. うわわわわー。感激!涙が出そう。
    これ、使わせてもらっていい?軽いねぇ。

    今は、時間も余裕もないから、水曜の夜とかになっちゃうかも。
    木曜の朝とか。

    新しい本をありがとう。

  2. また、よーく読ませてもらうね!
    忍者さんから入って、じっくりやらなきゃ。

  3. まずは、忍者さんからボタンもらってこないとはじまらないもんね♪

  4. 著作権の都合があるから、コピしていいとは言わないけど、
    ソースをコピーすれば、これと同じものが動く。IDなどは必要ない。

    ただ、ランキングボタンを削除しないといけない。

  5. うん。ランキングボタンの削除とかは、できると思う。書き換えとか。

    起きてたんだ?

  6. 会えてすっごく嬉しい☆んだけど、
    これからフォトムービーメーカーの勉強の続きして
    お弁当作って出勤しなきゃいけないから、またね。

  7. おはようトムちゃん元気でよかったです。

  8. 一記事につけさせてもらいました♪
    軽いねぇ。情報ありがとうっ。

    ここにトラバ送らせてもらったんだけど
    二回失敗して送れなかったので、後でまたやってみます。

    ん?トラバいらない?笑

  9. あ、コメント書く場所、間違えた。
    前の記事の方に送りました。
    忍者おまとめボタンをファンブログで、の方。

  10. 1記事の所で使ってみました。
    ほんとに気にならないくらい軽いですね~
    なんでファンブログのテンプレからコピーして持ってきたのは
    あんなに重く感じたんでしょ?

  11. inaliさん。

    いつもコメントありがとうございます。

    ファンブログは各SNSボタンの配布されたスクリプトをそのまま使っています。
    ボタンが4つか5つあったので、全部スクリプトが走ります。
    (facebookだけはスクリプトなし)

    忍者おまとめボタンはそのスクリプトで出来上がるはずのボタンのフォーマットに沿って
    HTMLがあらかじめ作られていて、そこに必要部分だけはめ込むようになっています。

    各SNSの配布スクリプトが冗長なのは、恐らく自社のボタンのことだけを考えているからだと思いますが、特にtwitterは難読化までかけていて重いです。

    はてなは非常に読みやすくなっていますが、セキュリティに気を使っている分重くなります。

    ちなみにSeesaaブログに組み込まれているSNSボタンも忍者と同じ仕組みで軽いです。

コメントを残す

Top