Big Bang

パソコンの電源を入れた時、メモリー空間に無限の宇宙が拡がる

addEventListenerとattachEvent

| 1件のコメント

addEventListenerattachEvent はオブジェクトにイベントを追加する関数です。

この2つは起動時に、window.onload と併用しても使えます。

window.onload は、複数書くと上書きされて消えてしまうため最後の1個だけが作動しますが、この関数を使うことで起動時の関数を複数動作させられます。

addEventListener

addEventListener は Internet Explorer 以外で使えます。

addEventListener(イベント名, イベント発生時に呼び出す関数, イベントの伝達方向)

イベント名には on がつきません。第3引数は通常は false を指定します。
true にすると、イベントが発生した瞬間、バブリングを待たずにイベントを処理できるようになります。

登録した関数は、登録順に実行されます。

例: window.addEventListener(‘load’, function(){alert();}, false);

attachEvent

attachEvent は Internet Explorer と Opera で使える関数で addEventListener と同等の働きをします。

attachEvent(イベント名, イベント発生時に呼び出す関数)

イベント名には on がつきます。

登録した関数の実行順は不規則です。

例: window.attachEvent(‘onload’, function(){alert();});

Internet Explorer とそれ以外のブラウザの両方に対応させるには

function ev(elem, event, func, useCapture){
	if(elem.addEventListener){
		elem.addEventListener(event, func, useCapture);
	}else if(elem.attachEvent){
		elem.attachEvent('on'+event, func);
	}
}

または

function ev(elem, event, func, useCapture){
	try{
		elem.addEventListener(event, func, useCapture);
	}catch(e){
		elem.attachEvent('on'+event, func);
	}
}

という形で関数を作って、次のように使います。

ev(window, 'load', function(){alert();}, false);

window.addEventListenerwindow.attachEvent は、window.onload と一緒に使うことも出来ます。

その場合は、window.onload の後に、この関数でイベントを追加する形になります。
ですから、呼び出される順番は、window.onload で定義した関数より後になります。

起動時に、window.onload と併用する例

<script type="text/javascript">

window.onload=function(){
	/* 既に window.onload で起動スクリプトが指定されているとする */
}

/* 起動時のアクションを追加 */

function ev(event , func, useCapture){
	if(window.addEventListener){ 
		window.addEventListener(event, func, useCapture);
	}else if(window.attachEvent){ 
		window.attachEvent('on'+event, func);
	}
}

function addAction(){
	/* 起動時に実行したい処理 */
}

/* このように関数を別に定義して、関数名を入れても動作する */
ev('load', addAction, false);

</script>

1件のコメント

  1. 怖いくらい波に乗ってますね。書きまくり。

コメントを残す

Top