Big Bang

パソコンの電源を入れた時、メモリー空間に無限の宇宙が拡がる

楽天検索窓をファンブログで使う

| 0件のコメント

2014年1月22日にA8.netのファンブログはSeesaa Blogのシステムをベースにして生まれ変わりました。よってファンブログ関連の記事は今では当てはまらない可能性があります。新しいファンブログのカスタマイズは別ブログ「ファンブログ テック」で詳しく書いていますので、そちらをご覧ください。
これが動きます ↓

前回の続き

ファンブログでは楽天の検索窓は動かない!
だったらよそで動かせばいいじゃない!
それ持ってこればいいじゃない!というおはなし。



楽天で探す
楽天市場

調べたら、どうやら左のデザインのものだけは、
Shift_JIS版もUTF-8版もあるようです。
ですからデザインにこだわらなければ、これ貼って終了でした。ごめんなさい。

こちらの方が検索範囲が広いみたいです。
この上に貼ってあるレディースファッションのは「レディースファッション」のジャンルしか検索しないけど、左のは楽天全体を検索するんじゃないかな?たぶん。

ただしファンブログの場合、楽天のソースをそのまま貼ってもレイアウトがおかしくなります。ご覧のフォームは下のようにスタイルシートを改変しています。それが規約に反するかどうか、私は調べていないので、適用する場合、規約を調べた上で実行してください。

<form method=get action=”http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0e52a989.f19a18c4/(ここの青い部分は人によって違うはず。このままだとたぶん私のIDが適用される)” target=”_blank”><input type=hidden name=sv value=2><input type=hidden name=p value=0><table width=150 border=0 cellspacing=0 cellpadding=1 bgcolor=transparent style=”border:none;padding:3px”><tr style=”border:none;padding:3px”><td align=center style=”border:none;padding:3px”><table cellspacing=0 cellpadding=3 border=0 width=100% bgcolor=#FFFFFF style=”border:1px solid #bf0000;padding:3px”><tr style=”border:none;padding:3px”><td bgcolor=#bf0000 align=center style=”border:none;padding:3px”><b><font size=2 color=#FFFFFF>楽天で探す</font></b></td></tr><tr bgcolor=#fffcdd><td nowrap align=center style=”border:none;padding:3px”><input type=text size=14 name=sitem value=></td></tr><tr bgcolor=#fffcdd style=”border:none;padding:3px”><td align=center style=”border:none;padding:3px”><input type=submit value=商品検索 name=submit></td></tr><tr style=”border:none;padding:3px”><td nowrap align=center style=”border:none;padding:3px”><img src=https://image.rakuten.co.jp/com/img/logo/base/w080.gif width=80 height=36 border=0 alt=楽天市場></td></tr></table></td></tr></table><input type=”hidden” name=”scid” value=”af_ich_link_search”></form>

今回も忍者ホームページを利用します。
検索窓の下の広告がイヤだという人は、他のサーバを準備してください。
このブログのサイドバーの検索窓は、広告が出ないサーバを使っています。

別サーバに置くHTMLを準備

楽天検索窓のソースは楽天から取ってきてください。

忍者ホームページに置くHTMLは次のようになります。
このままコピペして、タイトルだけ好きに変えてください。(タイトルは使わないけど)

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">
<title>楽天検索(ここはわりとどーでもいい)</title>
<style type="text/css">body{margin:0;width:150px;}</style>
</head><body>
ここに楽天からコピーしたソースをそのまま貼り付ける
</body></html>

そして、ここに楽天からコピーしたソースをそのまま貼り付けると書いてあるところに
楽天から持ってきたソースを貼り付けます。

重要なのはこの後の2点です。

まず、楽天のソースを1箇所だけ変更します。
ソースの最初が

<form method=get action=”http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0ea91ce1.966cb3dd/”>

のようになっているはずですが、(URLの最後はたぶん人によって違うと思う)
下のようにtarget=”_blank”を追加します。

<form method=get action=”http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0ea91ce1.966cb3dd/” target=”_blank”>

(表示幅の都合で改行して見えますが、実際は改行していません)

そして、ファイルを保存しますが、これがもっとも重要! 必ずEUC-JPで保存してください

どうやればEUC-JPで保存できるかは、各自調べてください。分からなければあきらめましょう。

できたら、それをサーバに保存します。(忍者の場合、このファイルはFTPでないと保存できません)

target=”_blank”の説明
表示される検索窓は別のブログに埋め込みます。そのブログで検索窓に割り当てるのは幅150ピクセルの領域です。target=”_blank”を追加しないと検索結果もその狭い領域に表示され、実質使い物になりません。そこで別窓で開くようにします。

EUC-JPについて
文字コードの話をするとそれだけで論文が書けますから、説明しませんが、楽天の検索窓はEUC-JPでなければ動きません。(だからファンブログでは動かない)
これをEUC-JPで保存しなければ別のサーバを使う意味がないし、失敗します。

アップロードしたら、ブラウザでアップロード先のURLにアクセスして動作確認してください。
動作確認が取れれば、必ずファンブログで動きます。

ファンブログ側の設定

1.ファンブログの設定画面を開き、コンテンツ設定をクリック。
2.「表示項目の選択/編集」の中にある「項目の追加/編集」をクリック。
3.右の画面の新規追加をクリック。
4.現れた画面のHTML欄に次のソースを貼り付けます。(項目名は何でもよい)

<p style=”text-align:center”><iframe src=”別サーバに設置したファイルのURL” width=”150″ height=”250″ frameborder=”0″ scrolling=”no”></iframe></p>

5.保存ボタンを押して次の画面が現れれば、無事に保存されています。

保存成功メッセージ

6.保存してから、左の画面の機能選択/並び替えを選択。
7.先ほど作った機能を、使用する機能側に配置してください。

設定画面

8.保存ボタンを押して次の画面が現れれば、成功です。

保存成功メッセージ

これでブログ画面を表示すれば、楽天の検索窓が設置されています。
最後、動作確認をして終了です。

コメントを残す

Top