Big Bang

パソコンの電源を入れた時、メモリー空間に無限の宇宙が拡がる

少し新しい記事も読んでもらわないといかんな

| 0件のコメント

このブログは検索からしか人が来ないからな、宿命か。つい先ほど新しい記事を公開したので、表示確認しつつ、Google Analyticsのリアルタイムを開いてみた。そうしたら、新しい記事が全然開かれていないので、衝撃を受けてしまった。

Google Analyticsリアルタイム画面

このキャプチャでは7人来ている状態だけど、うちひとりは自分自身。だから、実際は6人です。リピーターというのも自分のことなので、他は全員新規。

新しい記事ほど、URLの中の数字は大きい。で、600台が全然いない。最新記事は652なんだけど、これを開いているのは自分です。検索されて来てもらっているのは全部古い記事。

ただ「安彦良和アニメーション原画集」でひとり来ているのが救いか。こういう新しい記事にも検索されて来てもらわないと、お話になりませんな。古い記事は安定してアクセスがあるわけで、「そこから別の記事に誘導できれば」というのが記事下のナビゲーションの狙いなんだけど。たしかにページビュー数は増えているけど、広告記事にはまったく移動されていない。

javaScriptに興味がある人はJavaScriptだけ、スタイルシートに興味がある人はスタイルシートか、せいぜいHTMLを開くくらい。それも、そういう専門的な記事ほど一度のページビュー数は少ない。だいたいそういうアクセスは、困った時に見に来るので解決すればすぐ帰る。自分が他のブログを見る時もそうだから、それは気にしていない。

このブログだと、ブログカスタマイズ関連で調べて来る人のページビュー数が圧倒的に多い。人によっては30ページ以上見ていってくれる。具体的に困ったから調べている、というより漠然とした目的で来た人のほうが長居してくれるみたいだ。

しかし、問題なのはそのどちらの場合でも、広告がまったく見られていないという事。総合トップページにいたっては、昨日開かれたのが2回だけ。壊滅状態。

持論として「ブログでアフィリエイトは成功しない」と、言っているわけで、それを見事に実践してしまっている。とはいえ、せっかくならもう少し何とかしたい!というのが本音ですな。

アルファブロガーなんて人たちは、最新記事もちゃんと読まれているわけで、そこいら辺が人気ブログかどうかの違いなんだろうと思う。

コメントを残す

Top