Big Bang

パソコンの電源を入れた時、メモリー空間に無限の宇宙が拡がる

記事とアフィは無理に絡めるな

| 2件のコメント

前回の記事「勝負どころは画像である」の続きです。

以前書いたはずですが、アフィリエイトにいちばん重要なのは、見た目です。つまり、より具体的な商品の写真であればあるほど、よい。クリックしたくなるもの程よい。

amazonにしろ、楽天にしろ、今回のYahoo!にしろ、クリックした後は、自分で選んで買ってくれます。

事実、このブログの右サイドバーに、1円の中古本が貼ってありますが、それ経由で、新品の本が売れています。

amazon、楽天、Yahoo!の3つのアフィリエイトに関しては、訪問者が興味を持つであろうモノを、いかに目立つように置くかが、重要だと思います。

無理に文章とアフィリエイトを絡めるな

そこで、問題になるのが、自分の興味と、訪問者の興味が違う時。

向こうも好んで、ブログに来てくれるんであれば、好みが同じなのではないか。そう思うかもしれませんが、違います。

少なくとも、わたし自身は花に興味はありません。買いたいとも思わない。けど、女性は、そうではない。このブログを書いている、わたしは男です。ところが、訪問者の多くは女性です。そのギャップに気づかないといけない。

そこで重要なのが、「無理に文章とアフィリエイトを絡めるな」という一点です。

女性が好むから、広告に「花」を選んだ。花の広告なんだから、花の話をしなきゃいけない?
そんなことは、ありません。

ブログにアクセスがないのなら、別です。アクセスを集めるために、テーマを変えたら成功するかもしれません。

しかし、今すでに、アクセスがある。毎回来てくれる訪問者がいる。という場合は、テーマを変える必要はない。いや、変えてはいけない。

テーマを変えるということは、今来てくれている訪問者を排除することになります。

今、来てくれているんだから、うまくいっているのを、広告のために変えてはいけない。

でも、ブログのテーマに合わせるとアフィリエイトがクリックされない。
なら、テーマに合わせなければ、いいんです。

広告を合わせなければいけない相手は、「訪問者の興味対象」です。
訪問者が興味のないものを、貼っても無意味。とにかく興味のあるものを貼りましょう。

どうしても記事と広告を絡めるのなら、読む人を想像して書こう

時には、記事と広告を関連付けたいときもあるでしょう。そのときは、相手の立場にたって考えるのが大事です。

例えば、訪問者に20代の男が多いブログで、何十万もする製品が売れるのか?相手の経済力を考えてるのか?

読んでくれた人が、いい製品だと思っても、買えるとは限らない。

そういう判断をしなければ、売り上げは上がらないのではないでしょうか。
常に、自分のサイトへの訪問者を知る。それが一番重要だと思います。

ファンブログに残る「訪問者一覧」。これは、アメブロのペタと同じ機能ですが(ペタは、訪問先でペタしないと残らない)、ありそうで、なかなかないです。こういう機能はぜひ活用するべきです。

わたしは、ファンブログでは絶対儲からないと書いていますが、それでもここにブログを残していたのは、そういう機能が使えるからです。

2件のコメント

  1. こんにちわ。コメントありがとうございました(^-^)って!!1ヵ月近く経ってますが<(_ _)>
    私も以前、アフェリエイトで少しでも・・・と思いやり始めたのですが、全くと言っていいほどダメで挫折をした一人です(T_T)
    ブログもネタが尽きたり体調崩したりなんだかんだ重なって、結局放置プレイ((+_+))そんな私です。またお邪魔しにきますね(*^_^*)

  2. コメントありがとうございます。

    >って!!1ヵ月近く経ってますが<(_ _)>

    うん。すっかり忘れていました。
    またよろしくです。

コメントを残す

Top