Big Bang

パソコンの電源を入れた時、メモリー空間に無限の宇宙が拡がる

A8.netの「はりっぱくん」を複数表示する

| 0件のコメント

A8.netに「はりっぱくん(仮)」というサービスがあって、指定したキーワードでアフィリエイトを自動選択して表示してくれます。

ただ、このサービス、ひとつのページに複数貼っても、ひとつしか表示されません。貼り付けるコードの最後に、1行追記するだけで複数表示できるようになるので、やりかたを説明します。

この記事は2013年4月30日のものです。「はりっぱくん」がバージョンアップされれば、この作業は不要になるかもしれません。

「はりっぱくん(仮)」は、好きなキーワードを指定して、そのキーワードに関連するものだけをランダムに表示してくれます。そこで、今回は果物の「」と「」を例にとります。

A8.netのソースだけを、そのまま使った場合

「桃」をキーワードに選択


「梨」をキーワードに選択



」にしかアフィリエイトが表示されません。しかもよく見ると表示されているのは「」に関するものです。

コードの最後に、1行追記した場合

そこで、A8.netから取ってきたコードに1行追記してみます。

「桃」をキーワードに選択



「梨」をキーワードに選択



今度は、予定どおりに表示されました。

やりかた

まず。A8.netから、取ってきたソースをブログに貼り付けます。

次に、下の1行を続けて貼り付けます。

<script type=”text/javascript”>document.getElementById(‘dbapi’).id=null;</script>

複数行あるように見えるかも知れませんが、1行の表示幅が足りないから、そう表示されているだけで、このソースは1行です。

これをコピーして、A8.netのソースに続けて貼り付けてください。すべてのソースの下に貼らないといけないので面倒ですが、これで何個貼っても正しく表示してくれます。

技術的説明

この下は、興味のある方だけ、お読みください。

A8.netのソースのままだと、1ヵ所にしか表示されないのはidが重複するからです。A8.netのソースは表示領域を作成する際に「dbapi」という固定のidを使っています。複数のソースを貼っても同じ「dbapi」です。その結果、最初に見つかったidに何度も上書きされてしまいます。

そこで、このページのソースでは、アフィリエイトのコードをinnerHTMLに書き込んだ後で、id名を削除しています。もちろんアフィリエイトのコードは一切変更せず、表示領域のid名だけの変更です。

コメントを残す

Top