Big Bang

パソコンの電源を入れた時、メモリー空間に無限の宇宙が拡がる

勝者の心理 – 情報商材が嫌いな理由

| 0件のコメント

本気でスポーツをやっていた人間なら分かると思うけど、勝つためには努力をする必要がある。選手というのは、自分も努力をしたから、相手の凄さが理解できる。強い選手というのが、勝つためにどれだけの努力をしたかが想像できるから、勝者をリスペクトできる。

それは仕事においても同じで、同業者であればどこに苦労するかというのがわかる。だから同業者同士は理解し合える部分がある。ところが情報商材の宣伝を見てもまったく理解できるところがない。これはなぜだろう。

「毎日数分、簡単な作業をするだけで、誰でも月収何万円」

こういうキャッチコピーがまったく理解できない。実際に利益を上げている人間なら通じ合える部分というのが、どこかにあるものだ。しかし、このコピーにはそれが、欠片もない。なぜだろう。

毎日数分」では絶対に稼げない。簡単には「誰でも」収入を得ることはできない。そんなことは努力をしたことがあるアフィリエイターなら、必ず理解できる部分だ。この情報商材を作った人間は、本当に利益を上げた経験があるのだろうか?成功体験をしているのだろうか?

こういう宣伝をブログに貼っているバカは、おそらく成功体験がないのだと思う。あれば、違和感を感じないのだろうか?そもそも、このキャッチコピーには、本気で努力をしているアフィリエイターへのリスペクトが欠けている。

アフィリエイトで成功するのがどれだけ大変かわかるか?売上を出しているアフィリエイターならそれが理解できる。利益を出すまでに、どれだけの試行錯誤を経験するか、苦労するかがわかる。それがわかれば、こんなキャッチコピーは決して書けない。

スポーツで努力をしている人間が、「そんなもの努力しないでも簡単に勝てるよ」と、そう言われたら悔しくないか?腹が立たないか?だから、その競技で苦労を経験した選手なら、そんな言葉は絶対に吐けない。

つまり、上のキャッチコピーは嘘っぱちだ。勝ったことがないから、そういう発言をする。そんな情報商材を作る奴は偽者だ。そして、そんな宣伝を平気で貼っているアフィリエイターを俺は軽蔑する。

コメントを残す

Top