Big Bang

パソコンの電源を入れた時、メモリー空間に無限の宇宙が拡がる

まつげ美容液ルミガン、ケアプロスト、ラティースの秘密 グラッシュビスタは通販で買える?

| 0件のコメント

グラッシュビスタの情報を追記しました。

ルミガン・ケアプロスト情報

ルミガン
ルミガン

ケアプロスト
ケアプロスト

まつげ美容液として有名な「ルミガン(Lumigan)」。ルミガンを使うと、まつ毛が25パーセント長く、6パーセント多く、18パーセント濃くなるというデータがあります。日本でいえば厚生労働省に相当する、アメリカのFDAに認可され、効果だけでなく安全性においてもアメリカ政府機関のお墨付きです。

ルミガン使用前
ルミガン使用前

ルミガン使用16週間後
ルミガン使用16週間後

「ルミガン」と並んで有名な睫毛美容液に「ケアプロスト(Careprost)」があります。「ケアプロスト」は「ルミガン」よりお安いのが特徴です。

この2つは、どう違うのでしょうか?ご存知の方が多いと思いますが、実はどちらも同じ物です。

ルミガンの歴史

「ルミガン」は元々、睫毛美容のために開発された医薬品ではありません。緑内障や眼圧を下げるための点眼薬として発売されたのです。ところが、使用後にまつげが濃く長くなる副作用が続発しました。ついには眼圧への効果よりも、育毛効果のほうが有名になる始末です。

そこで「ルミガン」の販売元アラガン社は考えます。ルミガンの成分「ビマトプロスト」で作った医薬品を、点眼薬としてではなく、まつげの生え際に塗る「まつげの美容液」として、アイブラシをセットにして販売したんです。

新しい商品名は「ラティース(Latisse)」。でも「ラティース」は、あまり売れませんでした。その理由は価格です。本来は緑内障治療薬の「ルミガン」ですが、値段は「ラティース」よりも安いんです。どちらも成分は同じ「ビマトプロスト」。中身は同じでも、コストパフォーマンスでは「ルミガン」の方がお得なんですね。

ポイント:「ルミガン」と「ラティース」は同じもの。

特許の切れたビマトプロスト

そんな歴史を持つ「ルミガン」ですが時がたち、「ビマトプロスト」の特許が切れます。この特許が切れた「ビマトプロスト」を使って製造されているのが「ケアプロスト」です。

ポイント:「ルミガン」と「ケアプロスト」も同じもの。

このように、ブランド医薬品の特許が切れた後に製造販売されるものを「ジェネリック医薬品」あるいは「後発医薬品」と言います。成分は、ブランド医薬品と同じですが、開発にコストがかからないため、その分値段が安くなります。最近「ジェネリック家電」という言葉が話題になりましたが、それと同じ意味です。

結論を言うと「ルミガン」「ラティース」「ケアプロスト」と名前が違いますがどれも中身は同じです。

ただ、まつ毛美容液として販売されている「ラティース」にはアプリケーター(アイブラシ)がついていますが、緑内障治療用目薬の「ルミガン」とそのジェネリック「ケアプロスト」にはついていません。

ルミガン・ラティース・ケアプロストの入手方法

「ルミガン」や「ラティース」、「ケアプロスト」は、日本では認可されていませんが、個人での使用に限り輸入が認められています。また、成分の「ビマトプロスト」は、アメリカFDAから正式認可された成分で、充分な臨床試験が繰り返されています。過去に失明したという噂がされたことがあるようですが、そのような報告はありません。

ただ、ラティースの個人輸入業者であるこちらのサイトでは正規のまつ毛美容液にこだわりルミガンを取り扱わない理由を掲載していますのでご一読をおすすめします。

個人輸入業者に関するお詫び

ルミガンとケアプロストの個人輸入が出来る海外業者へのリンクを張っていましたが、そこが違法業者である可能性があることを知りました。

参考サイト:「ベストくすり」:シンガポールのインターネット会社につながる日本の不正オンライン薬局

今回調べましたところ、大部分の医薬品個人輸入代行業者は、違法、または詐欺サイトであるらしく、業者によっては健康を害する偽物を販売しているようです。

2010年に、医薬品メーカー4社が合同で調査を行ない、インターネット販売されている薬を実際に注文して調べてみた結果、その中の55.4%が偽物だったそうです。

もちろん本物は、この記事の通り安全ですし、サプリメントや国内の認可済み医薬品の通販はこれに含まれません。

ルミガンやケアプロストの通販に関しては、安全性が確認できないため、リンクをはずさせて頂きます。これまでリンクを張っていたこと、誠に申し訳ございません。謹んでお詫びいたします。

購入しようとしたサイトが日本の会社に見えたとしても「特定商取引法に基づく表記」や「会社概要」を確認し、日本に連絡先が存在しない業者の利用はおすすめしません。日本の法律が及ぶのは日本国内だけです。問題があった時に泣き寝入りになります。

2014年2月20日

どうしてもルミガンやケアプロストを入手したい方は、こちらをご覧ください。
海外通販ゼニカルやルミガンのニセモノは被害者救済制度の対象外
ご覧いただければ、だまされて後悔する前に必要な知識だけは得られると思います。

口コミを@cosmeでチェックする!  ルミガン  ケアプロスト  ラティース


追記

グラッシュビスタとアラガン社

今年(2014年)9月29日から国内で睫毛貧毛症治療薬「グラッシュビスタ」が販売されることになりました。

グラッシュビスタ」は日本初のまつ毛貧毛症治療薬として、2014年3月24日に厚生労働省から製造販売承認を受けました。国内で認可された医薬品でははじめて、かつ現状では唯一の睫毛貧毛症治療薬(まつ毛貧毛症治療薬)です。

製造販売元はアラガン・ジャパン株式会社で、塩野義製薬(シオノギ)と共に販売を行ないます。

お気づきだと思いますが、ルミガンやラティースの製造販売元もアラガン社です。

以下はグラッシュビスタの製品概要からの抜粋ですが、成分はビマトプロストです。

製品名
グラッシュビスタ(R) 外用液剤 0.03% 5mL
一般名
ビマトプロスト
製造販売元
アラガン・ジャパン
販売
アラガン・ジャパンおよび塩野義製薬
使い方
  • 本製品は、付属の専用のアプリケーターを用いて、1日1回就寝前に上まつ毛の生え際に塗布します。
  • 付属の専用のアプリケーターは、1日2本(左右の目に各1本ずつ)使い切りで、70日分(140本)が付属されています。
  • 正しくご使用いただくために、病院・クリニックで医師からの処方箋および指導が必要です。

ルミガンもビマトプロストで、同じく0.03パーセントです。これはルミガンと同じ、いやアプリケーターが付いているのでラティースと同等の製品なのかもしれません。

ただし、グラッシュビスタは保険適用外医薬品ですので100パーセント自己負担になります。でも、ルミガンを個人輸入しても全額自己負担ですから、それは同じですね。

グラッシュビスタのお値段ですが、これは自由診療のため各医療機関で異なるそうですが、70日分が1万~数万円で販売される見込みのようです。(参考記事:朝日新聞デジタル まつ毛フサフサ?国内初の薬 緑内障治療薬で「副作用」

グラッシュビスタは通販で買える?

ルミガンより割高になりますが、もし中身が同じなら国内で認可された製品の方が安心かもしれませんね。この下に医薬品通販の裁判事例を載せていますが、裁判で医薬品の通販が認められた以上、国内で認可されたグラッシュビスタはネット通販が可能になるのではないかという気がします。でも実は当分の間、グラッシュビスタを通販で手に入れることはできないようです。

グラッシュビスタの認可は「医療医薬品」です。下の裁判で認められたのは「一般医薬品」の通販なので、グラッシュビスタを通販で買うには、まだまだ制約が多く難しいようです。「医療医薬品」のグラッシュビスタを入手するには医師の処方が必要になります。

輸入ではない認可された医薬品の通販に関して

ネット通販会社のケンコーコムとウェルネットが国を相手取り、医薬品ネット販売の再開を求めて東京地方裁判所に提訴した裁判で、2013年1月11日、最高裁判所は厚生労働省の上告を棄却し、原告勝訴の判断を下しました。裁判の原告であるケンコーコムは、判決を受け同日午後に一般用医薬品のネット販売を全面的に再開しています。

今後、他のネット通販業者でも医薬品を取り扱う可能性を考え、下に通販業者の一覧を作りましたのでご利用ください。

 Amazon  R 楽天市場   Yahoo!ショッピング   セブンネットショッピング

[PR]
たまに大当たりが見つかるアマゾンのレディースファッション
セブン&アイ・グループのセブンカード・プラス

コメントを残す

Top