Big Bang

パソコンの電源を入れた時、メモリー空間に無限の宇宙が拡がる

ペニスに見るアクセス上昇データ

| 4件のコメント

先ほど、このブログはアイアンシェフの記事がアクセス来ていると書きました。
実は、ナニゲに検索から人を集めている記事がもうひとつあります。

その記事は「小さいペニスコンテスト[写真必須] ☆iPhoneがもらえる☆」です。

地味ですが、記事を書いてから毎日数アクセスあります。ただし毎日一桁アクセスです。
でもなくなりません。こういうのをスモールワードとかロングテールと呼ぶんでしょうか?

不思議なのが、その後「人工ペニス抜けなくなる」という記事も書いているのですが、
こちらはサッパリな事です。何がいけないのでしょうか?教えてinaliさん。

今、記事を読みかえして気がつきました。
こっちは元のニュースの丸写し。オリジナルの部分が皆無ですわ。そのせいですかね?

「ペニスではなくてiPhoneで検索されているからでしょ!」と、お思いの方もいるでしょうが
違うんです。検索ワードは主に次の言葉です。

「ペニスコンテスト」または「ペニスコンテスト デンマーク」

2012年10月25日12:21時点で「ペニスコンテスト」をググると、このブログが1位です。
例によって、この記事を公開する事で検索順位が変わると思われるので、キャプチャを取りました。

「ペニスコンテスト」検索結果

ちなみに、2位に「ニュースなう: 小さいペニスコンテスト[写真必須] iPhoneがもらえます」という
ブログがあって文面が同じですが、これも私のブログです。面倒くさいのでコピペしました。
サーセン。

別ブログに書いた理由は「GoogleAdSenseの表示拒否」をご覧ください。

ここでまた疑問。「人工ペニス抜けなくなる」も丸写しなんですけど。
自分の記事の丸写しはよくて、人の記事の丸写しはダメということでしょうか?
それは差別ではないでしょうか?教えてinaliさん。

ちなみに3位の方は、どなたか存じ上げません。

では、ここでキーワードを「ペニスコンテスト  デンマーク」に変えて再検索。
すると、先ほど3位だった方に1位を出し抜かれてしまいました。
やはりタイトルにキーワードがあるのは強い模様。Hタグは重要ですよ、奥さん!

「ペニスコンテスト デンマーク」検索結果

それだけなら分かるんです。分からないのは、なぜこのキーワードだと、
このブログの記事が「ニュースなう」にまで抜かれるのか?
どっちも自分の記事なんでどーでもいーっちゃ、どーでもいいんですけど。

でも、「ニュースなう」が他人様のブログだったらと思うと、ゾッとする話です。
そう思うと、心配でぐっすり眠る事も出来ません。どうしてなんでしょう。教えてinaliさん?

記事とは関係ないですが、「ニュースなう」と比べると、このブログの開くのが重いこと、重いこと。
広告の貼りすぎはいけませんね。

4件のコメント

  1. 上の例の理由:検索窓に入っている言葉、検索クエリ、つまり検索者のインテントが「ペニ○コンテスト」で、1番目・2番目ともにタイトルに「ペニ○コンテスト」が含まれています。
    次に、スニペットの文中では「小さなペニ○コンテスト」がカギ括弧の中に入っていて、ペニ○コンテストという言葉は一つの文意になっています。

    つまり3番目のもののタイトルよりも、より左に(重要な言葉は先頭に来やすい)検索クエリのインテントが完全な形で含まれていること、さらにスニペットの文中でも「小さなペニ○コンテスト」はカギ括弧の中に入っていて、一つの文意になっているため、ペニ○コンテストという言葉も分断されていません。

    それに対し、3番目のものは小さなペニ○コンテストという言葉の出現が上位二つと比べてより遅れて(右側に)出現し、またタイトルにもスニペット内にも「小さなペニ○」コンテスト という括弧があって、文意の重み付けとしては「小さなペニ○」により重きを置いた形となっています。
    でも、検索クエリは「ペニ○コンテスト」なので、検索エンジンが1番目・2番目を3番目のものよりも先に表示しようとするのは不自然ではないのです。

    下の例の理由:上の理由と同じように、検索のインテントが「ペニ○コンテスト デンマーク」という2語であるため、そのうちのデンマークという言葉がタイトルとスニペットの先頭に(より先頭に近い所に検索意図に一致する言葉がある状態)入っていて、さらに、タイトル・スニペットともに、それぞれ同じ行の中に近接(重要な言葉同士の近接)して「ペニ○」コンテストという言葉が来ています。
    ペニ○コンテスト・デンマークともにこのケースの場合、近接する言葉も、検索クエリに含まれている言葉そのものです。
    こういった理由から、2番目以下に比べてより検索の意図に沿ったものであるとして表示されていると考えられます。

  2. 次に、これまでの理由からすると、下の例では3番目が2番目よりも上位にくる可能性が考えられるはずなのに、なぜ逆転するのかは、可能性としてタイミングの関与というものも考えられます。
    以上はただの経験からの推察で、Googleからきっちり言質とったわけではないです、でもまあ仕組み的にそう間違ってはいないと思います。

    下の例で、仮に赤の他人がどちらかの記事を丸コピーしてパクリ記事を書いていたとすると、これは別ドメイン間の重複コンテンツで(これをScrapingと呼びます)、パンダが導入されるまではスクレイパー(仮に本人であっても重複コンテンツ量産のスパマー扱い)のものがオリジナルコンテンツよりも上位に来るようなケースもありました。
    つまり、まだまだ検索エンジンは完璧ではない、ただし、日本でもパンダ導入後の今となっては、ドメイン名をまたがった重複コンテンツを検出した後、重複側とみなされるURL所有者のウェブマスターツールのメッセージセンターに通知が来るようになっているようです。

    タイミングを左右したりするのは、同じ中身のブログを書いた時間の順や、それぞれのブログからRSSが飛ばされた時間の順番、また、それぞれRSSが飛ばされた先のドメインの数量の差、それとRSSで飛ばしたブログの記事内容の文章の文字数の差などが考えられます。

    現状、先にGoogleに発見された方がオリジナルの可能性が高いとして優位になりがち、ただし、速くインデックスされたいがためにRSSでほぼ全文読めるようにしてしまうと、本当にスクレイパーの他人にパクられる可能性がある諸刃の剣なので推奨できないです。
    そこで、自分こそがオリジナルだとGoogleにアピールする手段としては、著者情報を付けたりします。

    あとは面倒臭いですけど完璧を期するならこういうのを利用する手があります。
    ここまでやる人は素人ではまだそんなにいないと思います。
    ただし、livedoor BlogとWordPress.comはすでに使えてるみたいです。
    http://labs.unoh.net/2009/08/what-is-pubsubhubbub.html

    あと、直接Googleの http://pubsubhubbub.appspot.com/ を使う事も出来るようですけど、ちょっとわかりにくいです。

    WordPressにはpubsubhubbub用のプラグインも既にあるようです。
    http://wordpress.org/extend/plugins/pushpress/
    http://wordpress.org/extend/plugins/pubsubhubbub/

  3. 最終的に、今まで書いた理由も含めて総合的に考えると、ブログそのものの性質という大きな要素も大きく影響してきます。
    エ○記事っぽいものばかりの方向性で構成された(ある意味専門性のある)ブログか、もしくはこのブログのように方向性の異なる記事が大量に掲載されているうちの、ほんの1記事かという差も含まれている可能性も考えられます。
    手芸なら手芸ばかり、レシピならレシピばかり、音楽なら音楽ばかりで構成しているか、まぜまぜかで薄まったり強まったりします。

    オリジナルのものの場合、一番大事なのが記事のクオリティで、同じテーマでバッティングする他者と相対評価になるため、より情報価値の高いものだと優位になります。
    それと、イオネットとファンブログの既得ドメインパワーの差、これも含まれている可能性が高いです。

  4. あとはイオネットとファンブログの既得リンクの質と量、破綻せず運営歴を伸ばし続ける信用度のバロメーターとなるドメインエイジも勘案しないといけなくなります。
    これで完璧、あとは安心して記事の中身の質やらお役立ち度でバッティングする競合あまたと勝負って感じになりますので、ダニが売ってまわってる小細工商材を買う必要がありません。

    この情報はド素人がちまたにあふれている古い情報を聞きかじって作ったSEOの情報商材や、評価が下がるような関連性のないくだらない被リンクと称する価値のないウンコリンクの売買よりもはるかに価値があります。
    しかし、定価3万9800円のところ、無料でリリースです。

コメントを残す

Top